最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2012年6月10日 (日)

横田農場さん『田んぼの学校』で水辺の生き物教室開催!

皆さんこんにちは。

今日は気持ちのいい天気でしたね!
本日6月10日(日)、龍ケ崎市で農場を経営されている横田農場さんが主催する「田んぼの学校」に、
たつのこプロジェクトもお邪魔させていただき、特製の「水辺の生き物教室」を開催しました。

Tanbo01

龍ケ崎市の西に位置する塗戸地区は広い田圃が広がる、龍ケ崎市随一、
いやいや関東でも有数の田園地帯です。

そんな最高の自然の中、横田農場さんが育てている田んぼで田植えの体験会がありました。

どーんと一面に広がった田園地帯では、カエルの鳴き声、鳥のさえずり、水面を見れば、
オタマジャクシが元気に泳ぎ、ザリガニがのそのそと歩き、カエルが飛び跳ねる。
そして、農家の方々の笑い声が聞こえるのどかな地区。

…癒されます。ほんとに。。

Tanbo03

田植えの体験を終えた後、水辺の生き物の観察するため、田んぼの中、あぜ道、用水路を
網を片手に珍しい生き物探しに子どもたちが走り回ります。

・水辺ではどんな生き物がいるんだろう?
・どんな生活をしているんだろう?
・生き物が住んでいることでどんなことが田んぼで起こってるんだろう?

カエル、オタマジャクシ、ザリガニ、ドジョウ、ヘビやヒルまで。。。
普段、見ることが少なくなった、ましてや触ることなんて本当になくなった
水辺の生き物たちを実際に見て・触って・観察して…。

Tanbo02

本当に様々な生き物が「田んぼ」という「住まい」で共に生きています。
お互いがいないと成り立たない独特の共生関係がここで繰り広げられています。
現在の日本では、田んぼ独特の生物群集は壊れかけています。
メダカ、タガメやゲンゴロウ、ガムシやタニシは見ることが難しくなりました。
ひと昔前なら、ちょっと畦道を歩けば普通に見ることが出来ましたね。

戦後から生き続けてきた水田生物群集の生物体系こそ、今守るべき「自然」のひとつなのです!

Tanbo04

Tanbo05

Tanbo06_2

…とそんな難しい事は露知らず、子どもたちはやっぱり生き物たちに夢中です(笑)。

楽しそうですね。。

子どもの頃、ザリガニ釣りやカエル穫りに夢中になってた頃を思い出しますね。

田植えの時期に見れた生き物たちと、稲刈りの時に見える生き物たちはどう変わっているのか??
一年を通してじっくり観察したいですね。

そして、もちろんたつのこプロジェクトでは田んぼの「秋」も追います!
今日植えた稲が無事収穫されることを祈っています。

Tanbo07

最後に…横田農場さんから、農場の田んぼで収穫できたお米で作ったおにぎりをいただきました〜!
美味い!ほんとに!
横田農場さんは「田んぼで食べるからですよー」とご謙遜されておりましたが、
いえいえ、ほんとに美味しかった!!

…そんなことを思ったピーカン天気の龍ケ崎市塗戸地区の田んぼでのひと時でした。

Tanbo08

(がっきー)

2011年10月30日 (日)

たくさんのご来場ありがとうございました!龍ヶ崎市環境フェア2011報告

第2回「地球にやさしい家 こども絵画コンクール」発表会会場
たつのこプロジェクト実行委員会ブースは
Photo_3
朝一番からたくさんの方が来て下さいました。

開会式後3階まで、今年も足を運んで下さった、中山龍ヶ崎市長さん!!
Photo_2  


只今、審査熟考選出中。





2011年の最優秀賞決定の瞬間です。Photo_4

受賞された皆さま!おめでとうございます。
最優秀賞には、このコンクールに協賛くださった不二建設さまよりディスニーランドペアチケットを!
優秀賞を受賞された9名様には、横田農場さま・プレジールさま・アルドウールさまからの
焼き菓子プレゼント券を発送させていただきます。
楽しみに待っていてね。
*後日、たつのこホームページトップで、入賞したお友達の作品を掲載します。

今年のたつのこPのもう一つの目玉は、、「タッピーを着よう!」
龍ヶ崎市ゴミゼロ大使マスコットキャラクター「タッピー」の着ぐるみ試着コーナです。
その結果・・かわいい子どもタッピーが、たくさん出現しました!!

                              
600 Photo_9


 

Photo_10







 


Photo_23

会場では、当日参加の「地球にやさいい家」を描こうコーナーも大盛況でした!!

Photo_24


そしてうれしい事に、応募してくれたお友達が、家族と一緒に来場し絵と対面しました。

Photo_14

 

 

 

Photo_22

第2回目の「地球にやさいしい家 こども絵画コンクール」には、市内9校の小学校。
保育園・幼稚園の年少~5年生のお友達から去年より多い63点の応募がありました。

皆さまたくさんのご応募をありがとうございました。

このコンクールを機会に、地球にやさしい事を色々考えてくれたらうれしいです。

2011年6月19日 (日)

『地震で自信』対策講座ご報告

モデルハウスの、広く明るい吹き抜けのあるリビングを会場に
たつのこプロジェクト実行委員会緊急企画講座
『あなたの家の地震対策 自信ありますか?』を開催しました。

地元の大工さんで、棟梁の榎本さんを講師にお呼びして
地震の被害後に、実際に修繕した場所の貴重な写真資料を見ながら
まずは、ウオーミングアップ!!
「この写真の亀裂は、安全か否か」。。参加型クイズ形式で進んで行きます。

斜めに入った亀裂は、ボードに無理な力が入って割れたもので×
縦の亀裂は、ボートの張り合わせが、ずれたもので基礎までのダメージはないので○
参加者の皆さんから、ほ~と言う声が聞かれました。

また、良く聞く「耐震診断」とは、どんな所を見るのかを
耐震診断問診票を取り寄せ、このモデルハウスを見本に点数付けをしてみました。
(会場となったモデルハウスは、地震の被害もなく、モデルハウスとしては
珍しいリホームした築11年のものだそうです)

きそきょうこ。まぐちひろし。(人の名前ではありません)
これならどうですか→ばんちゅうた(板柱太)。かべつよし。

そうです!耐震補強アイテムの名前でした。
ダメージを受けた場所の補修をする時には、新素材を使うとよりベストとの
アドバイスもありました。

ハザードマップを元に、自分の家が建っている地域の特性を知ってから
どの様な準備をすればいいのか調べてみる事が重要。の言葉で講座終了しました。

講座終了後に、ビバホームさんにお願いして、自宅で今すぐできる
地震対策商品の紹介をしていただきました。(こちらもアイテムが進化していました)

まだ余震が続き、不安な毎日ですが、出来る事から、
安全に安心して暮らしていける環境を見つめ直して行きましよう!!

*次回の「たつのこプロジェクト」講座は!!
『エコな夏祭り』を計画しています。
親子でマイうちわ作り・打ち水体験などなど企画中です。

決定次第、ホームページなどでお知らせ致します!
お楽しみに





2011年2月20日 (日)

りゅうがさき市民活動フェアinサプラ 大成功!!

Photo_3

龍ヶ崎市内で市民が主体となって活動している34団体が集まりました。

去年の2階の多目的ホールが会場展示から→今年は、光のモールの通路展示と
なった事で、たくさんの方に見て頂く事が出来たと交流会で感想がでました。
たつのこPは、初めての参加で、良い年に恵まれたな。と思いました。

Photo_8

サプラでのパネル展示は、今日で終了ですが、
34団体を4つのブロックに分けて、市役所ロビーで再展示されます。

たつのPは第2ブロックで2月27日~3月4日。
実物が見たい!!と言う方は、龍ヶ崎市役所に足を運んでみて下さいね。


2011年1月21日 (金)

インターネットTVに出演しちゃいました~!

皆さま*2011年も、よろしくお願い致します。

ご報告が::遅くなしました~~。

本日、たつのこプロジェクト実行委員会(以下、たつのこP)は
インターネットTVに出演してしまいました~。

どうせ出るのなら、楽しくしちゃおうと
似てもいない。。タッピーの着ぐるみで「たつのこP」の宣伝をしてきました。

大いに笑いたい方・興味・感心・はたまた怖いもの見たさの方は
↓こちら「蛙蛙ライブ」をクリック☆
http://www.ik-cn.tv/kawazu02.html
(蛙蛙ライブの映像庫をご覧ください)
*環境フェアでアンケートを取ったタッピー想像プロフールの結果報告もあります。

2010年11月26日 (金)

龍ヶ崎市民活動センターミーティングに参加しました。

毎月1回、龍ヶ崎市民活動センターにて
登録している市民団体の活動報告会があります。
11月25日は、たつのこプロジェクトを入れて9団体が集まりました。

「たつのこプロジェクト実行委員会」は、今年設立の新参者なので
どんな事をしている団体なのだろうと、皆さんの興味関心の的!?になりました。

たつのこのコンセプトや設立から現在までの開催行事の紹介し
最近の行事の「親子収納講座」で収納が環境とつながっている話をすると
みなさんも賛同してくれました。

仕事帰り・途中からの参加だった為、始めの2団体の報告は聞けませんでしたが
興味深い話や、問題など、たくさん聞く事が出来ました。
聞き取りメモからの記載です。(各団体の皆さま、聞き洩らしがあったらお許し下さいませ)

・たつのこスイミングクラブ
・龍ヶ崎バードウオッティングクラブ
・要約筆記 龍=耳が聞こえない方の為に筆記で伝えています。
・更生保護女性会=少年院(15~20歳までの120人)が牛久市奥野にあります。
            運動会→親が来ない子どもへのなどの行事の対応を行っている。
            1月のバレーボール大会では近隣の市の会が集まり          
            800個のおにぎりを作るとの事。いつもは麦飯なので、子どもたちは
            この日を楽しみにしているそうです。
            おにぎりを作ってもらった事がない子が多いそうで
            食生活の大切さを皆で再認識しました。

・ユーアンドアイ=今年12年目のNPO法人
・猫の手=8月に歴民館で駄菓子屋さん 牛久沼公園の花壇の管理(広すぎて大変!)
・のぼさんクラブ=北龍台公園のお掃除をしています・みんなで行う公園大掃除を計画中 
・NPO法人茨城県南生活者ネット=佐貫駅近くの黄色い建物コムハウスにて
                     蛙蛙ライブ(インターネットテレビ放送)出演者募集中!
                     大好き龍ヶ崎CMコンテスト・市民講座など開催中
皆さんの活動に触発され、元気をもらってお開きになりました。
まだまだ登録している団体が、龍ヶ崎にたくさんあります。
各団体の活動情報は、龍ヶ崎市民活動センターホームページをご覧ください。




2010年11月 3日 (水)

まさにトシコ環境マジック!「親子のための収納講座」報告

この題名を見て!?と思った事と思いますが

まさか収納が環境を守ることにつながるとは
目からウロコの「親子のための収納講座」でした。

Photo_3
収納コンサルタント TVチャンピオン収納王の吉田トシコさんから
「年末にきれいにしたい物を持って来て下さい」と
事前に持ち物の依頼がありました。

集まったのは、炊飯器・ランドセル・シール付きのトラックミニカー
取り外した換気扇・扇風機・子どもの衣装ケースなどなど。

私は、洗剤会社の敵でもセールスでもなんでもないのですが
先生が使用したのは四種の神器は(!!)
固形石鹸・使い古しのタオル・アルカリ性のクリームクレンザー、
そして!!ドラゴンボールの超神水ではなくて・・・
超電水クリーンシュシュのみ。
成分は電解アルカリ水100%の液体で洗剤ではありません。

↓クリーンシュシュを付けた布でふくだけで
Photo_4 ←これがクリーンシュシュ詰め替え用です
あまりの不思議さに思わず体験中の様子をパチリ!

子どもの力でも、ゆるゆると面白い位、油汚れが取れて行きます。
洗剤ではないので、手は荒れない・空気も水も汚しません。
乾いた布でふき取って終了なので、余分な体力も使わない、これぞエコ!

ホームページを見て下さった方への、プレゼントです。
こびりついたしつこい油汚れには・・・
Photo_5
小麦粉を薄く振って、なじませたらカードでこすり落とすと
頑固な油よごれも、消しゴムカスの様に取れました。
これぞ小麦粉マジック!! 

Photo_7 ←先生が持っているのが固まった片栗粉
魚焼きグリルは片栗粉大3をカップ1の水で2回に分けて溶き
魚を焼く時に網底に流します。冷えたらつるん!と一気に取れました。

排水溝のカップもぼろ布で包むように汚れをふき取り布はゴミ箱へ
↑こうすると水も使わず・下水も汚しません。

Isyoukesu
子どもの衣装ケースは立てて収納が基本
子ども達も楽しみながら、自分の物は自分でたたんで収納。
きれい・取り出しやすい・何がどこに入っているのか分かると、
得意げなお顔をしていました。

ランドセルも、シールのついたトラックミニカーも新車・新品の様にピカピカに。
持参物全てが先生の手で実践して見せて下さいました。

無理をせず、楽しく、余分な体力を使わずに、
いつでも簡単にできるんだよと言う事を教えて頂いた
親子のための収納講座でした。









2010年10月31日 (日)

大盛況!龍ヶ崎市環境フェア2010報告

台風通過後の小雨まじりのお天気で
皆さんは来てくれるかなと心配していましたが、
「地球にやさしい家 絵画コンクール」原画展示会場に
たくさんの方が足を運んで下さいました。

1番に来て下さったのが、中山龍ヶ崎市長!!
Photo_3
にこやかに、じっくりと絵を観賞後、最優秀賞入賞が決定しました。

3つの優秀賞は後援を頂いた東京電力竜ヶ崎支社・東京ガス常総支社さんに
お願いしてそれぞれ決定しました。入賞したお友達!おめでとうございます。

Toujitu
絵画コンクールと共に人気だったのが、
当日受付した「地球にやさしい家」の絵を描こうコーナーで
お父さん!お母さんも!お子さんと一緒に楽しそうに描いてくれました。

Photo_4
そして!約1メートル!?のタッピー。
タッピーは龍ヶ崎市のキャラクターで、緑の燃えるゴミの袋や
広報誌りゅーほーに描かれています。

公式で公開されているプロフィールでは5月30日生まれ(ゴミゼロ!)と言う事だけで
知ってる?知らない?をはじめ、無茶ぶりなアンケートで皆さんと色々想像してみました。
アンケート集計結果は、後日発表します。お楽しみに。

今回初の試みの「地球にやさしい家」こども絵画コンクール応募に
3歳~12歳の龍ヶ崎市在住のお友達から46枚の応募がありました。
原画をみてくれた方から
「こんなに小さい子でも、環境の事をちゃんと考えていてすごい」。
「私たちも、しっかりしなくちゃね」。
「子どもの絵は、いいね~。見ているだけで元気が出る」。
「明るい気持ちになる」。などの声が聞こえました。
Photo_5
応募してくれたお友達、ありがとうございました。
また、雨の中足を運んで下さった皆様。ありがとうございました。